2019-02-12 10:00

Display

#tajimination photo contest 2018/2019 結果発表!!

1/19~2/3の期間、虎渓用水広場のテラス2において開催された「#tajimination photo exhibition 2018/2019」において、最優秀作品、優秀作品選出投票が行われました。

期間中多くの方に足をお運びいただき、計159票のご投票をいただくことができました。ありがとうございました。

当ページでは第一次審査に入選し、最優秀作品/優秀作品選出投票の対象となった13作品のご紹介と、投票の結果上位5位までに入った作品と得票数のご紹介をいたします。


<入選作品>

12/2~12/31の期間にご投稿いただいた80点を超える作品の中から選出された13点です。

ご応募いただいた作品それぞれにアイディアやコンセプトを見ることができ、選考は大変難航いたしました。

引きで撮影すると平面的に見え、光のボリュームが小さくなりがちなイルミネーションをいかにして立体的に輝く作品に見せるか、撮影方法や小道具、被写体の構図に至るまで工夫が光る作品を選出いたしました。

TAJIMINATION YOGA

ヨガアーティストあずまっくす

電球イルミネーション

@tajimi100k

冬でも心が暖かくなる場所

Ten_r

地元

あかり

イルミネーションのステージ

三代目辻豚彦左衛ぇ門

無題

Sachiko Seo

クリスマスの夜

@tajimi100k

イルミネーションの季節

安部陽亮@yoabe555

待ち合わせ

@briliant.smile.mirai

雫の中のイルミネーション

三代目辻豚彦左衛ぇ門

多治見の冬

ふじたきよのり

無題

Sachiko Seo


恋人たちのクリスマス

三代目辻豚彦左衛ぇ門



それではここからは上位6作品の発表に移ります。

まずは第6位!


今年は暖冬をということもあり、12/2のイルミネーション点灯から2週間ほどは紅葉とともに楽しむことができました。

虎渓用水広場イルミネーションがスタートして3年目で初めてのことです。

ビビッドな紅葉の紅と、背景のイルミネーションの光が美しいです。多治見駅の光まで作品に見せてしまうところが見事な作品でした!


続いて5位を発表と行きたいところですが、なんと今年度は4位が2作品並びました!


ひとつ目の第4位はこちら!

今回のフォトコンテストのテーマ「大切な人」を最も体現した作品といえるかもしれません。

楽しそうな雰囲気そのままに、これからも地元と仲間を大切にしてもらいたいですね!


ふたつ目の第4位はこちら!

寄って撮影すると魅力を伝えるのが難しいアーチ型イルミネーションをピントをずらすことで光を増幅して美しく見せています。

手前の木もケーブルが気になってしまいそうなところを暖かみある光で見せているところも素敵ですね。


続いて第3位!

カラフルな服に身を包んだ人物が作品の一部として違和感なく溶け込んでいます。

投票用紙にも「楽しんでいる感じがいい」などのコメントが寄せられました。

ヨガのポーズの美しさもさることながら、寒い冬にも元気をもらえる作品として選出されました!


そして第2位!

昨年最優秀作品に選ばれたtajimi100kさんの作品が選出されました!

電球型の容器がレンズ代わりになり、向こうに見えるイルミネーションを逆さに映しています。

今年度は設置がなかったビッグツリーのように、円錐型のイルミネーションがお目見えしたようにも見えます。

なにより玉ボケと電球のバランスが素晴らしいですね!


そして第1位は!

昨年惜しくも第2位で最優秀賞を取り逃した三代目辻豚彦左衛ぇ門さんの作品です!

雨が上がった後にイルミネーションケーブルについた雫を覗いた世界。

作品全体を包み込む玉ボケもカラフルで、どこで撮ったらこんな綺麗な写真を撮れるんだろう?と興味を引く作品ですね!


最優秀作品にはTREE by NAKED お食事券 5000円分が、第2位~6位の5作品にはお食事券 3000円分が進呈されます。

また残念ながら上位6作品に選ばれなかった作品につきましては、毎月第4日曜日に虎渓用水広場にて開催されているYONDAY BOOK ピクニックでご利用いただける図書券1000円分を進呈いたします。※3月は、ながせ商店街にて開催予定



昨年に続き2度目の開催となりましたが、いかがだったでしょうか?

ご応募いただいた皆様、展示会場にご来場の上ご投票いただいた皆様、どうもありがとうございました。

年々樹々も育ち少しづつ景色を変える虎渓用水広場。四季折々の表情をカメラでとらえに足を運んでください!


149岡部青洋