2018-04-10 16:00

Display

《第2回多治見大道芸見本市》見て・触れて・繋がった最高の2日間

4月7日8日。1年で多治見に人が一番集まると言われる多治見陶器まつり。
虎渓用水広場では今年もこの日に合わせて「第2回多治見大道芸見本市」を開催しました。


ステージは多治見駅から徒歩10分圏内に8カ所。多治見駅の北側でも南側でも陶器まつりを楽しみながら大道芸も楽しめる特別な2日間となりました。




多治見大道芸見本市って?
その名の通り、見本市機能を持つ大道芸フェスティバルです。
パフォーマンスを見て頂き、気に入った大道芸人とすぐに出演交渉ができます!!!
各大道芸人のプロフィール展示コーナーや、パフォーマーが出演交渉できるブースの用意があり、イベント企画者などがパフォーマーと名刺交換などをする姿が散見されました。

もちろん他の大道芸フェスティバルと同様、高度な技術で魅せるパフォーマンスからお客さんを巻き込んで笑いの渦を創り出すパフォーマンスまで、いろんなジャンルを一度に楽しめる醍醐味も味わっていただきました。



▲このイベントの為だけに名刺を作ってくれたパフォーマーもいらっしゃいました!レアな名刺もあったかも!!


第2回多治見大道芸見本市のパフォーマーはどんな人たち?
第2回の今回からパフォーマーを公募により募集。厳しい選考を勝ち抜いた国内外で活躍する26組が集結しました。
中には国内最高峰の大道芸イベントである大道芸ワールドカップin静岡のワールドチャンピオンや各ジャンルの国際大会のタイトルホルダーも!



■SPECIAL GUEST PERFORMER

加納真実


■全国枠
サンキュー手塚/紙麻呂/CHIKI/SUKE3&SYU/りずむらいす/わっしょいゆ〜た/サブリミット/ゼロコ/SAMURAIPERFORMERS syn/健山


■スタチュー枠

アートパフォーマー☆ファイター☆/アストロノーツ/ガンジスインダスドーダス


■地元枠
オマールえび/YoYoPerformer REI/わくわくブーブ/バルーンパフォーマーエル/おんぷらんと/いきもの倶楽部/くす田くす博


■チャレンジ枠
MAY/akiyo/ジョー次/大道芸人ジーニー/Juggler Kohei


\各パフォーマーの詳細はこちら/




▲〈パントマイム〉通称青いジャージの女、加納真実。中毒者続出!独特の世界観に観客たちもどんどん引き込まれていく。



▲〈ライブペイント〉アートパフォーマー☆ファイター。スプレーを駆使して描き出される神秘的な作品に釘付け!この絵は何?!!見始めたら最後まで離れられない!


多治見ではまだまだ馴染みのない大道芸。ステージにできる人だかりに道行く人は「これは、何のイベントやね?」「あの人達は誰やね?」と興味津々。会場からあふれる笑い声や、「うわー、すごい!!」と圧倒されるパフォーマンス、それに吊られるかのように人が集まっていました。




▲〈ティータイムコメディー〉ゼロコ。紅茶を入れてから飲むまでの過程をコミカルに描くショー!独特の間や子気味よいリズムで展開されるステージに、笑いの輪が広がる。



▲〈回遊式アートパフォーマンス〉ガンジスインダスドーダス(赤)。赤い男が目を惹く。美しいポージング。その世界は宇宙。



▲〈スタチュー〉POTE。今回は大道芸人クラフトマーケットを東信本店駐車場にて開催しました。



みなさんお気に入りの大道芸人は見つかりましたか?
「たじみで見て、触れて、繋がる。最高の2日間」をすごしていただけましたか?
素敵なパフォーマンスをしてくださった大道芸人のみなさん、そして足を止めて見てくださったみなさんありがとうございました!


雨が心配された2日間でしたが、何とか天気も持ってくれました。多少のプログラム変更があり、ご迷惑をおかけいたしましたが、無事に2日間のステージを終える事ができました。皆様ありがとうございました。



147出口 りさ